大学病院のICUに配属された天然な今風新人看護師

女性30代

大学病院ICU10年目で2年育休取得しています。
現在は復帰し時短勤務で働いています。

大学病院のICUの新人

新人は4人で化粧が今風で天然な新人がいました。

新人の驚きのミス

ICUなので動脈ラインが挿入されていることが多く、他にCVルート、末梢ルートが基本な形なのですが、その新人がある夜勤のときにCVルートからの指示薬を誤って動脈ルートに接続し投与をしてしまったのです。
就寝時間が過ぎ全体的に電気を暗くし、ところどころに豆電球くらいの明るさの電気がついてる時間帯の出来事でした。
患者さんへの明らかな影響は及んではなかったのですが、今までない事例で驚きました。

失敗をしないために

また同じ失敗を繰り返さないためにも勤務後はどこがダメだったのか、こうしたらよかったなど今日の出来事を振り返ることが必要だと思います。
次はこのようにしようなど解決策まで考えるべきだと思います。

今は新人にやさしい

自分が新人のころは一つ一つのことを質問をされ自分がいけなかったところを責められていましたが、今はみんなで新人を守ろうという雰囲気なので精神的に追い詰めたりするのではなく一緒に成長していこうという方向になっていると思います。

新人は今が乗り越え時

私が新人のときは毎日が辛くて明日仕事に行くのが嫌だなと思うことがほとんどでした。
当時は日記を書いていて悲観的な言葉ばかり書いていましたが、今は乗り越えてきた分、自分の身となり力となっています。
むしろ若いときにたくさん吸収させてもらってよかったなと今では感謝していることの方が多いです。
新人は先輩がフォローがあるので、そのときにたくさん経験することで自分1人で緊急を対応したり困難な事を落ち着いて対応できるようになります。
頭も体もたくさん吸収させて経験を培っていってください。
それに仕事は嫌なことはがりではありません、給料日はやはり嬉しかったです。
日ごろのストレス解消にお金を使ってくださいね。

看護師のカタチ

介護施設で働く充実度

看護師の人物像

ページのトップへ戻る