転職先の病院は英語スキルも重視してスキルアップをバックアップする看護師養成所?!

女性30代

血液内科2年、血液内科・呼吸器内科・内分泌科の混合内科2年4ヶ月
転職後、消化器・乳腺外科1年5ヶ月
研修にて産婦人科、小児科、整形外科・泌尿器外科の混合病棟、整形外科・血液内科の混合病棟を約半年ずつローテーション

看護師として8年働き、現在は子育て専業主婦です。

病院退職

大規模の総合病院を辞めて、小学生の頃からの「海外で生活してみたい」という願望を叶えるため、ワーキングホリデーに行くことにしました。

(憧れの海外生活…)

病院からの引き止め

病院を辞めるときは、理由が明確だったため、引き止められませんでした。

転職先の探し方

ワーキングホリデーが終わりに近付いてきた頃に、インターネットで情報収集し、再就職先を探しました。
この経験を活かしつつ、また看護師として働くならどういうところが良いかを考えて決めました。

大きな総合病院へ

大規模な総合病院に転職しました。
英語を活かしながらスキルアップができる病院だったことが一番の決め手でした。

スキルアップの転職

面接に伝えていた通り、病院の配属先も今までの経験を行かせるところにしてもらえたり、少し慣れてきた頃にスキルアップのための研修で各病棟をローテーションしたり、院内外の研修に参加させて頂くことができるなど、病院自体がとても協力的だったのが転職してよかったと思いました。

スキルが追い付かない

再就職先は地元から離れていて知り合いもいない所でした。
それに各病棟のスタッフや仕事内容などを一通り覚えた頃に次のローテーション先に異動するのを繰り返していたため、気疲れしてしまいました。
スキルアップのための転職のはずが、自分がそのレベルに追い付いていないことを実感しました、そして全てが中途半端な気がしました。
ずっと同じ病院で働き続けながら経験を積んでいるかつての同期を見ると、こちらの方が正しかったのではないかと思うこともありました。

青い鳥症候群にならないで

本当にやりたいことがあったり、今いる病院への不満が大きいなど、強い動機があるなら転職するのも有りだと思います。
規模も雇用形態も様々なので、どの病院が良いのか選べるというのも看護師の職業の良い点ですが、再就職先は慎重に選び、転職を繰り返す青い鳥症候群のようにならないように気を付けて下さい。

看護師のカタチ

介護施設で働く充実度

看護師の人物像

ページのトップへ戻る