酔うと病院スタッフの男性に絡んでくる別人看護師長

女性40代
小児科5年、内科2年、整形外科2年

アルバイトを含めて看護経験は約10年あります。
その間に転職を2回経験しています。

恋愛よりも仕事

小児科で働いたとき、スタッフ数約30人いて、いつも急患などが入るとても忙しい職場でした。
看護師は独身者が多くて恋愛よりも仕事を選んで仕事にやりがいを感じている人が多かったです。

病院から注目される師長

私の職場の師長は独身で、無口でとっつきにくい感じの人かと思ってましたが、話してみると全然そんなことはなく、むしろスタッフのことをよく考えてくれる師長でした。
またその病院で最年少で師長になったこともあり、病院全体から注目を浴びている師長でした。

酔うと男に絡む上司

仕事では厳しく真面目な師長でしたが、飲み会になるとまるで別人でした。
年齢は40代でも着ている服装やカラオケで歌う曲も若く、また飲む勢いも若い人に負けない一番最後まで残って飲むような師長で、最初の飲み会では驚きました。
一番驚いたのは酔うと男性に絡むことです。
普段真面目で男性に飢えているからでしょうか。。何故だかお酒が入ると結構男性に絡むのです。
特に絡まれたのは30代の男性で、その時に立った噂が新しくはいって来た医師をどんどん食っているという噂でした。
誰もその現場を押さえたわけではありませんが、酔っている様子を見ていればその噂も真実かもしれないと想像はすることできるほどでした。

上司からの驚きの発言

その師長から、あなたもしっかり遊びなさいよと言われたときはびっくりしました。

羽目をはずし過ぎない上司がいい

仕事は厳しい、でも普段は優しいというのが理想ですが、あまりに羽目を外し過ぎる上司もどうかなと思います。

上司に理解を

師長も一人の人間ですので、いろんなタイプがいて当然だと思います。
そんなところを理解できるようになれば、嫌な師長でも乗り越えられるかもしれません。

看護師のカタチ

介護施設で働く充実度

看護師の人物像

ページのトップへ戻る